×

愛知県刈谷市のパチンコ店『Bingo21』が1月28日を以って閉店に、33年の歴史に幕を下ろす

愛知県刈谷市にて営業してきたパチンコホール『Bingo21』が2024年1月28日(日)の営業を以って閉店する。

同店はJR線「東刈谷場駅」からすぐの県道48号線沿いに店舗を構えており、パチンコ機188台・パチスロ機96台(合計284台)の小規模ホールであった。

半径3キロ圏内には『丸新東刈谷店』や『APANCLUB弘法通り店』といった競合ホールが存在しているエリアである。そんな中で『Bingo21』は1990年12月のオープン以来、30年以上に渡り営業を継続してきたが、この度閉鎖を選択することに。

運営母体となる(有)ニューロッテでは経営ホールは同店のみだったため、このままパチンコ事業から撤退することになるのだろうか。

この他の閉店・休業情報はコチラ

店舗 Bingo21
閉店日 2024年1月28日
住所 愛知県刈谷市末広町1-20-18
備考

コメント:10件 コメントを書く

  1. 未だに愛知めちゃめちゃ多い
    バカが多いんだろうな

    18
    37
  2. この店には一度も入った事が無いけど、店名が「LOTTE」時代から知ってたから明らかに朝鮮系だと感じてたが……………

    朝鮮系を差別する気はないが、やはり世間で店名に朝鮮系の名を付けると(パチ屋だけではないが)店自体の寿命が短いというのはそうゆうことなんだろうな〜

    16
    4

-パチンコホール情報, 閉店・休業情報, 中部エリア, 愛知県
-, ,

© 2024 パチンコ・パチスロ業界のニュースサイト「パチンコ・パチスロ情報島」