×

福岡県飯塚市のパチンコ店『クラブハウス本店』がリニューアル!加熱式たばこプレイエリアを3月15日よりスタート

福岡県飯塚市で営業するパチンコホール『クラブハウス本店』は2024年3月15日(金)にリニューアルを実施した。

同店は、福岡県を中心にパチンコホールをチェーン展開するCLUB HOUSEグループが運営する店舗で、設置台数952台(パチンコ機520台・パチスロ機432台)の大規模ホールだ。

周辺には、『Super D’station39飯塚店』(総設置台数1300台)、『メガフェイス960飯塚』(総設置台数955台)、『ダイナム福岡飯塚花瀬店』(総設置台数480台)、『クラブハウス川津支店』(総設置台数292台)など複数のパチンコホールが点在している。

今回『クラブハウス本店』では加熱式たばこプレイエリアが導入された。

飯塚市では8店舗のパチンコ店のうち4店舗が加熱式たばこプレイエリアを導入済みで、同店が5店舗目の導入となる。

喫煙環境のサービスアップによって『クラブハウス本店』がどのような店舗へと生まれ変わるのか注目したい。


コメント:1件 コメントを書く

  1. 加熱式タバコは独特の異臭がして、タバコ吸う人間すら嫌がるというのに、、、益々客が減る気が、これを悪循環と言う。

    1
    0

-福岡県, パチンコホール情報, リニューアル等, 九州・沖縄エリア
-, , , , , , , , , , , ,

© 2024 パチンコ・パチスロ業界のニュースサイト「パチンコ・パチスロ情報島」