×

【パチンコ経営企業分析】東海地方を代表するホールチェーン「キング観光」、新台導入は店舗毎にメリハリがはっきり

新台導入状況、機種構成からパチンコ経営企業ごとに考察を行っていく【パチンコ経営企業分析】。今回ピックアップするのは、東海地区を中心に店舗展開している「キング観光グループ」。

「キング観光グループ」は、「キング観光」の屋号でパチンコホールを24店舗運営。1店舗あたりの平均設置台数は926台で、1000台以上の巨艦店舗は半数の13店舗。集客力にも定評があり、東海地方を代表するチェーン企業の一つと評せる。

そんな「キング観光グループ」の新台導入評価(※1)を見ていくと、「S」評価はパチンコが9店舗、パチスロが10店舗、「A」評価はパチンコ・パチスロともに4店舗であった。

グループ全体の新台導入台数もここ数カ月連続で1000台以上を超えており、積極的に新台を導入している。

また、資産価値額(※2)に関しては、平均額と対比するとパチンコは27万2,737円(全国平均:19万2,442円)、パチスロは46万4,269円(36万5,011円)と、平均額をともに超えていたものの、新台導入評価ほどのインパクトは感じられなかった。

店舗別に見ていくとメリハリがはっきりしており、グループとして各店舗の優先度が明確になっている印象を受けた。

店舗数に変動はほとんどなく安定した運営を行っている「キング観光グループ」。来年以降も東海地方で大きな存在感を示していくだろう。

※1:新台導入評価
直近半年間における新台の導入台数・導入機種数・新台導入回転率・1機種当たりの最多台数をそれぞれ順位化し、その合計得点を元にS~Eの6段階で評価したもの
なお、S:全国500位以内、A:全国1000位以内となっている。

※2:資産価値
各機種における中古取引額の平均値を足していき、店舗の平均額を算出したもの
店舗における機種の価値を判断する指標となる


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:79件)


コメント:22件 コメントを書く

  1. 悪い噂多いよね

    30
    6
  2. 寺井設定L事件。
    全て部下の責任にする出しゃばりどチンピラ。

    25
    7

今、読まれています!

1

新台導入状況、機種構成からパチンコ経営企業ごとに考察を行っていく【パチンコ経営企業分析】。今回対象と ...

2

今の時代、若者だけでなく都心部の中高年層も含めて多くの人がキャッシュレス生活に移行しており、多額の現 ...

3

サミーは27日、同社公式YouTubeチャンネルにおいてパチスロ新機種「スマスロ北斗の拳」のプロモー ...

-コラム
-, ,

© 2023 パチンコ・パチスロ情報島