×

12月度のパチンコ店リニューアル数、前年よりおよそ34%減【凡人S氏の徒然日記】

GW・お盆休みと並びパチンコ店のリニューアルの件数が多くなる12月。昨年と比較して今年はどのぐらいの店舗が12月にリニューアルを行ったのか調べてみた。なおデータは弊社で運営している「ゴーパチ」の情報をもとに集計している。ただしあくまで弊社で収集したデータの数値であることは予めご了承いただきたい。

ちなみに12月中旬までに確認した情報はこちらになる。

2021年12月に確認できたリニューアル件数は1,148件。一方2022年12月に確認できたのは1月5日現在で765件だった。およそ380件減少したことになる。パチンコ店の閉店数を踏まえても多めの減少数である。

なお2022年度の主なリニューアル内容は、以下の通り。

  • パチスロ増台:226件
  • パチンコ増台:146件
  • USB(ポート)・充電器設置:93件
  • データランプ導入・変更:83件
  • 貸玉・貸メダル料金変更:58件

年末年始営業前に好調なパチスロを増台しておくという傾向が顕著だった。またUSB(ポート)の設置も多いが、以前にも記載した通り引き続きダイナムの店舗が行っているのがほとんどである。

日々データの更新を行なっていても2022年12月度のリニューアルは目に見えて少なかった。スマスロの設備に注力したということも要因の1つかもしれない。次の繁忙期にはリニューアル件数が持ち直すかどうか、改めて確認していきたい。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:79件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

新規則機イヤーとなった2022年に閉店したパチンコホールは全国で計770店舗だった(編集部調べ)。こ ...

2

1月度におけるパチスロの最多導入は「HEY!エリートサラリーマン鏡(パオン・ディーピー)」だった 今 ...

3

「大阪楽園グループ」は大阪府にてパチンコホールを店舗展開するチェーン企業である。経営店舗は「ラクエン ...

-コラム
-,

© 2023 パチンコ・パチスロ情報島