×

【拝二刀のパチンコ喜怒哀楽】パチンコ店にクレームは付き物だが、不良客を排除しないのは運営側の怠慢でもある

先日ツイッターを見ていると、パチンコ店の従業員さんのツイートに目が留まりました。内容は年末年始にいらっしゃるお客様について。どちらかといえば対応にお困りのご様子に感じ取れました。

その内容を深掘りしてみますと、スマスロで全然出ないことへのクレームだったり、食事休憩で戻ってきたら大当りしていたのになぜ呼ばなかったのかというクレームだったり。まあ従業員側からすれば時期に関わらず、よくあるクレームともいえるでしょう。

全て対応しきれないのは当然の話ですね。全然出ないとか、激アツを外したとかはもう日常茶飯事です。また、お客様が最後まで保留消化を確認せず席をたって、結果的に大当たりするなんてことも意外と少なくないものですね。

もちろん出来得る限り真摯に対応するスタッフがほとんどだと思いますが、こうしたクレーム対応がしんどいのは間違いありません。

一部の方々からは「客商売なんだからグタグタ言うもんじゃない!」と怒られることもありますが、スタッフ側としても黙ったままでは納得がいかないことが多々あるのです。それは分かっていただきたいところですね。

もちろんお金が絡んでいるのは重々承知しています。しかし、限度を超えてしまっているように見えるお客様がとても多いことは事実でしょう。チェーン店のパチンコ店であればあるほど「顧客第一主義」を掲げているので、お客様はそれに甘えてしまいユーザー優位になっているように思えてなりません。

お客様を大事にしなければならないのは当然ですが、パチンコ法人から見れば従業員も「顧客」の一部のはず。そういった困ったユーザーがいるにもかかわらず、売上のことばかりしか考えずに不良客を排除しないマネジメント側にも問題はあると思っています。

法人トップの皆さん、現場の従業員も苦労しているのです。それだけは是非とも分かってあげてほしいものです。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:79件)


コメント:23件 コメントを書く

  1. 「もちろんお金が絡んでいるのは重々承知しています。しかし、限度を超えてしまっているように見えるお客様がとても多いことは事実でしょう」

    設定Lを隠したPB機を打たせ続けた
    メーカーとホールがある業界があるのも事実でしょうw

    35
    10
  2. くぎ曲げが横行しているのは違法企業を排除しないパチンコ業界の怠慢である。

    こうですか?わかりません

    20
    22

今、読まれています!

1

新台導入状況、機種構成からパチンコ経営企業ごとに考察を行っていく【パチンコ経営企業分析】。今回対象と ...

2

今の時代、若者だけでなく都心部の中高年層も含めて多くの人がキャッシュレス生活に移行しており、多額の現 ...

3

サミーは27日、同社公式YouTubeチャンネルにおいてパチスロ新機種「スマスロ北斗の拳」のプロモー ...

-コラム
-,

© 2023 パチンコ・パチスロ情報島