×

【パチンコ経営企業分析】直近1年間の新台導入台数は約1万台、「真城グループ」は新台導入にも積極的なホールチェーン

新台導入状況、機種構成からパチンコ経営企業ごとに考察を行っていく【パチンコ経営企業分析】。今回対象とするのは「プレイランドキャッスル」の屋号で愛知県を中心に店舗展開してる「真城グループ」。

「真城グループ」の経営ホール数は14店舗。1店舗あたりの平均設置台数は996台と非常に大きく、1000台以上の巨艦店舗を8店舗運営している。

各店舗の新台導入評価を見ていくと、「S」ランクの店舗は、パチンコが7店舗、パチスロが9店舗。また「A」ランクの店舗もパチンコ2店舗、パチスロ1店舗と半数以上の店舗が上位2ランクに入っており、積極的に新台を導入するグループと評せるだろう。なお、直近1年間の新台導入台数は約1万台だった。

また、資産価値額においても、パチンコは26万1484円(平均18万5151円)、パチスロは45万5540円(平均37万2603円)と、それぞれ平均額を超えていた。

東海エリアは30パイ機の設置比率が高く、パチスロの資産価値額が伸び悩む傾向にあるのだが、「真城グループ」では資産価値額が高い30パイ機を多数設置しているため平均額を超えていた。

2022年7月に『コスモジャパン勝川店』を事業継承し、昨年末に『プレイランドキャッスル春日井店』としてグランドオープン。当然のことながら新台も多台数導入しているので、新台導入評価はパチンコ・パチスロともに「S」ランクでスタートしている。

東海エリアは新台導入に積極的な企業が多く、今年も動向を注視していきたい。

※1:新台導入評価
直近半年間における新台の導入台数・導入機種数・新台導入回転率・1機種当たりの最多台数をそれぞれ順位化し、その合計得点を元にS~Eの6段階で評価したもの
なお、S:全国500位以内、A:全国1000位以内となっている。

※2:資産価値
各機種における中古取引額の平均値を足していき、店舗の平均額を算出したもの
店舗における機種の価値を判断する指標となる


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:79件)


コメント:2件 コメントを書く

  1. グループ総売上の1割70億円が機械代なら何をどうやって客に還元しているのか
    玉粗がとんでもないことになっているように見えてしまうのだが?

    1
    0
  2. 春日井市はキクヤ一強だったらところに、キャッスルが出店
    キクヤとの戦いはキャッスルが圧勝だったが、果たしてどうなるかが見もの

    0
    0

今、読まれています!

1

新台導入状況、機種構成からパチンコ経営企業ごとに考察を行っていく【パチンコ経営企業分析】。今回対象と ...

2

今の時代、若者だけでなく都心部の中高年層も含めて多くの人がキャッシュレス生活に移行しており、多額の現 ...

3

サミーは27日、同社公式YouTubeチャンネルにおいてパチスロ新機種「スマスロ北斗の拳」のプロモー ...

-コラム
-,

© 2023 パチンコ・パチスロ情報島