×

パチンコ版「不適切にもほどがある」、昔は子連れをちらほら見かけた【凡人S氏の徒然日記】

現在放送しているTBS系ドラマ「不適切にもほどがある」。コンプライアンスが厳しい令和(2024年)とそうではなかった昭和(1986年)を舞台にタイムスリップする話で以前コラムでも少し触れた。

パチンコ版昔はあったけど今はないもののとして挙げられるものを考えてみたところ「子連れ」のことを思った。昔は親に連れて行かれて子供がパチンコ店でウロウロしているなんていうことがあったかと思う。

今は当然NGではある。

物騒な昨今、子供がパチンコ店にいるようなことがあれば犯罪に結び付く可能性も高くなるのかもしれない。そう考えると昔は連れ去り等なかったのかと思ってしまう。

そんな昔の風景を何かだ懐かしく思う一方、決して連れて行ってはいけないし連れて行くこともできない時代になったのだな、と改めて思った。


コメント:7件 コメントを書く

  1. 私が子供の頃パチンコ屋に、いましたよ、子供の頃は、自分で親から球をもらってカウンターでおやつに交換したり親の打ってる隣の席で漫画読んだりしていました、軍艦マーチが聞こえマイクパフォーマンスの人もいてアミューズメント的に楽しく待っていた記憶があり勝てばさらに景品のおもちゃを取り替えてくれたり美化の記憶しかありません、昔は10時に閉店で。その後ご飯食べて帰り今思うと、もくもく煙の店内で。いましたよ、リボンと言う漫画が買って貰えて嬉しかった記憶です、、父もなくなり大人になり、叶わなかった、一緒にパチンコ屋に行きたかったですね、ゆるーい時代ですね、もちろんバスも、タバコ吸っていた時代ですね、ゆるすぎるのも今が規制が厳しい時代もう昭和も、若者からレトロな時代なんですね、悲しい寂しいなあ、

    7
    3
  2. 昔はパチンコ店自体も大きくなく、町中の商店の一つという感じでしたからね。地元の知り合いが遊びに来る程度の、親しい関係だったのでしょう

    2
    0

-コラム
-, , ,

© 2024 パチンコ・パチスロ業界のニュースサイト「パチンコ・パチスロ情報島」