パチンコ業界ニュース 業界団体

旧規則パチンコ・パチスロ、検定期間満了後の中古流通は不可に

中古機流通協議会は、経過措置期間の延長を受けた旧規則機の検定機の取扱いについて、当初の検定期間を超えた後の1年の間、中古流通業務を行わないことを決議した。21日、構成団体に通知した。

警察庁は20日、一部改正した「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行規則及び遊技機の認定及び型式の検定等に関する規則の一部を改正する規則」を交付、同日施行。旧規則機の経過措置期間が1年延長となった。これを受けてパチンコ・パチスロ産業21世紀会では同日に旧規則機の取扱い内容を決議。計画的な撤去を推進するために段階的な撤去期限を設定し、射幸性が低いとされる羽根モノ・甘デジ等やパチスロノーマルAタイプについては検定・認定切れより7カ月以内の順次撤去とし、その他遊技機についても本年末までに毎月撤去を行っていくこととした。

そして今回、中古機流通協議会は旧規則機の検定機について、規則改正に伴って延長された当初の検定期間を超える1年の間における中古流通業務を行わないことを決議。その理由について「当初の検定期間である3年を超える期間については、メーカーからの部品等の供給が困難になることが想定され、保証書の作成・発行に際して必要となる点検・確認においても疑義が生じ、適切で安心・安全な中古機流通が確保できないことが考えられる」としている。

■関連記事
旧規則パチンコ、パチスロの設置期限を延長

21世紀会、旧規則パチンコ・パチスロ機の撤去期限を決議

遊技機の撤去期限の経過措置を1年延長

業界6団体、遊技機の撤去期限の経過措置延長を求め警察庁に要望書

ジーマ
チェーン店移動はできるのかな。
どうからぁ。ファンにはあんまり関係ないしどうでもいいらぁ。
イスラ
ジーマ
お、おい、、、。

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2020 All Rights Reserved.