パチンコ業界ニュース ホール

『メッセ行徳店』『マルハン村山店』が閉店 ~6月期前半におけるパチンコ店の閉店状況

『メッセ行徳店』の閉店のお知らせ

編集部では、インターネット上で情報を公開しているパチンコ店のデータを集計しており、6月から「パチンコ・パチスロ情報島」において閉店が確認できたパチンコ店の情報を掲載している。本稿では、2020年6月1日~15日の期間に閉店した店舗の一部を紹介する。

15日に閉店した『メッセ行徳店』(千葉県市川市)は設置台数407台のパチスロ専門店で、1000円46枚、6.25円、2円という多レート展開などが支持され、地元のユーザーで賑わいを見せていた店舗。新型コロナウイルス感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言を受けて4月8日より臨時休業し、そのまま営業を再開することなく閉店となった。

同店を運営していたのは東京都中央区に本社を構えるメッセグループ。東京都を中心に計12店舗のパチンコホールを運営。2017年に最大規模となる『竹の塚店』を新築でグランドオープンして以降、一気に勢いが加速。2019年には『荻窪店』を居抜き出店し、更に年末には『武蔵境店』を新築でグランドオープンしたことも記憶に新しい。もともと高集客を誇っていた『三鷹店』も含めて、ここ数年でブランドイメージが劇的に向上した印象の有力チェーンである。

また、7日にはマルハンの運営店舗である『マルハン村山店』(山形県村山市)が閉店。同店の店長が運営していたとみられるツイッターアカウントの投稿では(すでにアカウントおよびツイートは削除済み)、閉店理由は土地建物の契約満了に伴う決定だと説明していた。なお、マルハンの運営店舗の閉店は『鳥坂店』(4月19日閉店)、『玉津店』(5月31日閉店)に次いで今期3店舗目となる。

6月期後半では、『ダイナム西日暮里店』『ダイナム伊勢崎店』『キコーナ川西加茂店』などの大手ホール企業の運営店舗がホームページなどで閉店の案内を掲載している。

▼6月期前半の主な閉店ホール

・『ピーアーク竹ノ塚プラザ』(6月5日閉店・東京都)
・『マルハン村山店』(6月7日閉店・山形県)
・『ウイングレット2』(6月7日閉店・愛知県)
・『ニラク美術館通り店』(6月14日閉店・福島県)
・『メッセ行徳店』(6月15日閉店・千葉県)

閉店情報はこちら

編集部の注目記事

1

『マルハンなんば本館』 本日、7月7日は七夕であると同時にパチンコ・パチスロファンにとっては特別な日である。大当りを連想する7が並ぶ日ということで毎年、多くのパチンコ店の店頭に大行列ができるというのが ...

2

『やすだ』の屋号で関東圏を中心にパチンコ店を27店舗チェーン展開する安田屋は6日、同社ホームページで『やすだ大山1・2号店』(東京都板橋区)において従業員1名が新型コロナウイルスに感染していることが判 ...

3

ネットは3日、同社のパチスロ新台として人気コスプレイヤー・えなこさんを主演に迎え「スーパーブラックジャック」の世界を完全実写化した2.5次元パチスロ「ハイパーブラックジャック(HBJ)」を発売すると発 ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2020 All Rights Reserved.