×

パチンコ業界ニュース 業界団体

全日遊連、認定切れの初代「サラ番」設置に再度注意

全日遊連が指摘した「押忍!サラリーマン番長」(大都技研)

全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)は28日、先に日工組・日電協より送付された「21世紀会決議事項の遵守に関する文書」について各都府県方面遊協へあらためて注意を促した。

【関連記事】日工組と日電協が連名でホール団体に旧規則機撤去への決議事項の遵守求める

旧規則機の計画的な撤去が守られていないとのメーカー団体の指摘については全日遊連にも「該当機を撤去せず設置し続けているホールがある」との情報が数多く寄せられており、特に大都技研製の「押忍!サラリーマン番長」(型式名:押忍!サラリーマン番長 俺に日本は狭すぎるA9)について、一部地域を除いて既に「規則改正前の当初の認定切れの日付」を超過しているとして21世紀会決議事項の遵守を求めた。

全日遊連は旧規則機撤去に関する21世紀会決議について、業界に携わる者すべてが一致団結して遵守するべきであり、各都府県方面遊協に対しても当該地域内のホールに対して決議順守のさらなる徹底と遵守状況の把握、決議に反する行為の即時是正を求めている。

全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)

ダオ
関東でもまだ初代「サラ番」を設置しているホールあるみだいだな。
ホール組合は注意を促すことくらいしかできないんだろうね、、、。てか「サラ番2」なのに「サラ番」を設置しているってしているとこもありそう。
ジーマ

©DAITO GIKEN,INC.

コメント (8)

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-

© 2021 パチンコ・パチスロ情報島