×

受動喫煙やコロナ対策を想定して設計した新築パチンコ店 『シルバーバック近見店』がグランドオープン

『シルバーバック近見店』

12月12日、熊本市南区に「株式会社SB Good Industry」の新店『シルバーバック近見店』がグランドオープンした。

「株式会社SB Good Industry」は熊本県に本拠を構える有力企業であり、全て『シルバーバック』の屋号にて計13店舗を運営。ちなみに近年連続での新規出店となると九州に拠点を置く企業では他に『フェイスグループ』ほどであり、まさに成長著しい企業と評せるだろう。

新店の立地条件は良好も、競争環境は厳しめ

『シルバーバック近見店』は、昨年閉店していた『つる近見店』の跡地に建てられている。地元では知らぬ者はいないと言っても過言ではない老舗ホールだったため、『つる近見の跡地』と言えば熊本のユーザーならすぐに分かる場所だ。国道57号線沿いに位置し脇道なども多いため、非常にアプローチしやすい好立地であると言えよう。

なお、同店の周辺5キロ圏内には1000台以上の設置台数を誇る巨艦ホールが5店舗あって、競争環境は厳しめである。ただし、北側にある『メガフェイス1450本山』や北東側にある『モナコパレス浜線店』『まるみつ浜線店』などに行くには渋滞を超えていかなければならないことから、より競合度合いが高いのは『つかさ南高江店』と『ベルエアMAX南高江店』となることだろう。

受動喫煙・コロナ対策への配慮が十二分に感じられる

視察に訪れたのはグランドオープン当日の午後。内外観は黒基調として木目を取り入れ、シックながら上質な空間を作り出している。受動喫煙やコロナ対策を想定して設計した店舗になっているように見えた。出入口が多く換気機能に優れていて、店内外の喫煙スペースにも行きやすい。また、店内の喫煙スペースも分煙ボードで区切られており、飛沫対策も万全だ。

なお、店外の喫煙灰皿はスタイリッシュなものを用いているなど、細部にまでこだわっている様子が窺える。休憩所や食事処にも飛沫対策用のボードが設置されているのはコロナ禍ならではといった感じである。店外にオープンテラスを置き、晴れた日などは外でもゆっくり出来るスペースを確保していたのも好印象だった。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:79件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

次のページへ >

今、読まれています!

1

藤商事は27日、パチンコ新機種「Pとある科学の超電磁砲 最強御坂ver.」(オレンジ製)の発売を発表 ...

2

新台導入状況、機種構成からパチンコ経営企業ごとに考察を行っていく【パチンコ経営企業分析】。今回対象と ...

3

オーイズミは23日、東京都千代田区秋葉原の「GRACE BALI秋葉原店」においてパチスロ新機種「パ ...

-パチンコ業界ニュース, グランドオープンレポート, パチンコホール情報, 熊本県, 九州・沖縄エリア
-

© 2023 パチンコ・パチスロ情報島