×

パチンコ業界ニュース その他のニュース

【レポート】「沖ドキ!‐30」の稼働状況

『パールショップともえ淵野辺店』

「沖ドキ!」の撤去をめぐる問題で業界団体が揺れている。同機が設置されたままの店舗数およびその合計台数は、2月17日時点の集計で「沖ドキ!‐30」が全国139店舗4743台、「沖ドキ!」は14店舗193台となっていた(※弊社DB調べ)。なかでも30パイ機の残存数が大きく目立つ。

【関連リンク】パチスロ30パイ機シェアは7.65%、茨城は未だ「沖ドキ!」が最多 ~30パイ機の設置台数を調べてみた

全日遊連は全国のパチンコホールに対し、「21世紀会決議に基づく計画的撤去の徹底」について文書で協力を求めているが、頑なに態度をかえないホールも少なくないようだ。編集部では、2月18日に、神奈川県内で「沖ドキ!‐30」を設置しつづける『パールショップともえ』3店舗のうち、相模原市に位置する系列店舗の『淵野辺店』をはじめ、同地域の6店舗で稼働調査を実施した。

主力を担う「沖ドキ!‐30」

神奈川県横浜市と東京都八王子市を結ぶJR横浜線の「淵野辺駅」から徒歩で約5分の場所にある『パールショップともえ淵野辺店』では調査時においても20台の「沖ドキ!‐30」が設置され、13人の客が付いていた。通常貸パチスロ全体に占める設置台数の割合は1割強にすぎないが、低貸を除くパチスロ客の約5割が同機を選択していた計算になる。今回の調査地域で同機の設置が確認できた店舗は同店のみだった。

また、通常貸パチスロにかぎった同店の機種構成をみると、「アイムジャグラーEX‐AE」が最多の36台となり、「沖ドキ!‐30」の設置台数は2番目に多い。同店にとっては主力の一翼を担っている機種だと言える。

30パイ機についてはこのほかにも「沖ドキ!2‐30」(4台)や「グレートキングハナハナ‐30」(8台)、「ハナハナホウオウ‐30」(8台)など合計で40台を数えるが、「沖ドキ!‐30」以外の30パイ機に客付きはみられなかった。

他店舗の30パイ機導入状況

今回の調査地域では本年1月のリニューアルで『ピーアーク相模原ピーくんステージ』と『ニュードラゴン古淵店』が30パイ機の導入を試みている。いずれも十数台の規模にすぎないが、当然ながら撤去期限を迎えた機種ではなく、「南国育ち30」や「沖ドキ!2‐30」、「ハナハナ」シリーズなどを新しく設置した。さらに『glow AMUSEMENT HALL』も2月16日に「南国育ち30」(9台)を導入。ただ、『ピーアーク』の30パイ各機種(合計16台)に客付きはなく、「南国育ち30」を設置する『ニュードラゴン』(12台)および『glow』(9台)も客付きは3割に留まった。

なおかつ、これら店舗が30パイ機を導入する以前から「沖ドキ!2」を設置していた『キコーナ相模原店』においても同機の稼働は低かった。30パイ機の不人気というより、新規則の影響なのだろう。このような状況下で「沖ドキ!‐30」を設置し続けるホールの存在は近隣ホールにとって迷惑なのだと改めて感じた。

コメント (36)

-パチンコ業界ニュース, その他のニュース
-

© 2021 パチンコ・パチスロ情報島