×

新台 パチンコ業界ニュース

人気の羽根モノ「トキオ」が新規則機で登場 平和、パチンコ新台「Pニュートキオ」を発表

ハカマタイプ

平和はこのほど、パチンコ新台「Pニュートキオ」(アムテックス製、型式名・PニュートキオV1)を発売すると発表した。ホールへの導入は6月21日を予定する。

本機は圧倒的な実績を記録し続けているトキオシリーズの正当後継機で、V通過後に玉がタワーを昇ってラウンド抽選を行う「トキオならではの玉の動き」を完全継承。新規則機であるため、最大ラウンド数が16R→10Rとなり歴代機種に比べスペックダウンしているように見えるが、賞球数は10個から14個へと大幅アップしており、新規則機でも変わらぬ出玉性能を維持した。

今作からの改良ポイントとして、天釘周辺が強化プラスチック設計の新構造「Templa」を搭載。また、上下可動体の動きを改良し、急傾斜が可能な設計となった「可変式スロープ」により、さらに勢いのある玉の動きを生み出し、豊富な入賞パターンが楽しめる仕様に進化した。

今作では「ヘソタイプ」もシリーズ初登場(型式名・PニュートキオH1)。こちらは1回解放時の開放秒数が従来の「ハカマタイプ」より短く、拾い率がやや低い分、よく鳴く設計となっており打感が若干異なる。保留機能も1個(1チャッカーのみ)搭載し、総じて高スタート設計が特徴となっている。

株式会社平和

ジーマ
ようやく新規則機でも羽根モノが出てきたか。
どっちを打つか悩むらぁ。
イスラ
コメント (1)

編集部の注目記事

1

パチンコ・パチスロ産業21世紀会(21世紀会)は7日、旧規則機の取扱いに関する「パチンコ・パチスロ産 ...

-新台, パチンコ業界ニュース
-,

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2021 All Rights Reserved.