×

ダイナムジャパンHDの21年3月期決算は減収減益、直近の営業収入は前期比70%

ダイナムジャパンホールディングス(DYJH)は26日、2021年3月期連結決算を発表した。

それによると貸玉収入は4751億6300万円(前期比マイナ35.2%)、営業収入は986億200万円(同マイナス30.8%)、税引前当期利益は43億4200万円(同マイナス77.7%)、当期利益は23億5100万円(同マイナス81.6%)の減収減益となった。

中核事業であるパチンコホール事業においては、2020年4月以降、新型コロナウイルス感染症の拡大により全運営店舗の約97%にあたる436店舗を休業。営業再開後の同年6月からは徐々に来店客数の回復が見られ始めたものの、感染リスクへの警戒感から直近の営業収入は前期比70%程度に留まった。

今後については、2021年6月以降緩やかな回復が見込まれるものの、今期中に一昨年の水準にまで回復することは難しく、連結営業収入は前々期(コロナ前)に対して80%の水準で推移すると仮定。「未だに新型コロナウイルス感染症が収束したとは言えず、先行きが不透明であるため、来期以降の具体的な数値についての言及は困難」としている。

なお、2021年3月31日現在の店舗数は442店舗(2020年3月末は448店舗)。

株式会社ダイナムジャパンホールディングス

ジーマ
ダイナムさんも苦戦してるんだな。
やっぱ年配の人がやめちゃったのからぁ。
イスラ

よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:100件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

『マルハン福井大和田店』店舗外観 パチンコホールを全国にチェーン展開するマルハングループは4月27日 ...

2

※画像はイメージです。 インボイス制度。これは新しい仕入税額控除の方式であり、来年10月から導入が開 ...

3

SANKYOは24日、同社公式YouTubeチャンネルにおいてパチンコ新機種「Pフィーバー戦姫絶唱シ ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島