×

パチンコ業界ニュース ホール

老舗のパチンコホール・東亜観光㈱が全店を休業に、小規模パチスロ専門店は苦境が続く

『メガバックス豊明店』の休業告知

東亜観光株式会社は愛知県名古屋市昭和区に本社を構えるパチンコホール経営企業だ。運営していた3店舗は設置台数200台前後の小規模ホールながらも、代表取締役の松井明美氏を中心に地域密着営業を実践してきた。なお、HP上でSDGsへの取り組みに意欲をみせるなど、事業規模以上に先鋭的な印象の強い企業グループである。

そんな同社だったが、2021年9月に『メガバックス豊明店』(愛知県豊明市、遊技機設置台数232台)、『メガバックス滝の水店』(愛知県名古屋市緑区、遊技機設置台数160台)、『ニューパレス昭和店』(愛知県名古屋市昭和区、遊技機設置台数280台)の経営全店において、休業したことが既に告知済みだ。ちなみに3店舗中2店舗が小規模パチスロ専門店だったため、(新規則機への移行も考えると)致し方無いといったところ。このままパチンコ事業から撤退してしまうのだろうか。

お盆商戦を終えて、8月末から9月にかけて閉鎖店舗が更に増加中である。なお、2020年末には9035軒まで減少していたとされる全国のパチンコホール数。2022年1月末には8000店舗以下まで減るものと実しやかに囁かれているが、果たしてどうなるものか。

コメント (13)

-パチンコ業界ニュース, ホール

© 2021 パチンコ・パチスロ情報島