×

真城ホールディングス、東海交通遺児を励ます会に10万円寄付

愛知、岐阜でパチンコ店『プレイランドキャッスル』を運営する真城ホールディングス(本社・名古屋市東区)は22日、交通事故などにより父母その他の保護者が死亡した子ども(交通遺児)の自立を支援することを目的とする公益財団法人東海交通遺児を励ます会に対し10万円を寄付したと発表した。

東海交通遺児を励ます会の二宮武子事務局長は「交通遺児は減少傾向にあるが、東海3県下ではまだ多くの交通遺児がいる。ドライバーの方には、安全運転の徹底をお願いします」と話した。

株式会社真城ホールディングス


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:80件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

SANKYOは25日、同社のYouTube公式チャンネルにおいてパチンコ新機種「Pフィーバーからくり ...

2

『新!ガーデン春日部』 「遊楽ガーデン」グループは首都圏を中心にパチンコホールを展開する有力チェーン ...

3

藤商事は24日、同社のYouTube公式チャンネルにおいて新機種「パチスロFAIRY TAIL2」の ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島