×

真城ホールディングス、歳末たすけあい募金として大垣市社会福祉協議会に10万円を寄託

愛知、岐阜でパチンコ店『プレイランドキャッスル』を運営する真城ホールディングス(本社・名古屋市東区)は、歳末たすけあい募金として、大垣市社会福祉協議会に10万円を寄託した。

同社は2011年の東日本大震災を機に、地域社会との絆の大切さを改めて感じ、チャリティー活動「Wの絆プロジェクト」を始動。それ以来、売上金の中からチャリティー基金として積み立て、継続的に「地域貢献」「広域社会福祉」への支援を行っている。今回の歳末たすけあい運動もこのチャリティー基金から寄託した。

株式会社真城ホールディングス


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:155件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

『グランキコーナ泉佐野店』 昨年、大阪府下においてグランドオープンしたパチンコホールの中で最も注目を ...

2

東京都を中心にパチンコホールを店舗展開する日拓グループ(本社・東京都渋谷区)は、7月1日より予定され ...

3

広島県公安委員会は6月30日、検定遊技機に関する告示を公開。パチンコ3型式、パチスロ2型式が通過した ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島