×

パチンコ業界ニュース ホール

2021年に閉店したパチンコホールは579店舗、依然として約8500軒が生き残るも年明けの大量閉鎖でどこまで減るか

2020年末時点におけるパチンコホール営業数は、全国で9035軒だった(警察庁発表値)。むろんコロナによる影響も甚大であり、2020年だけで604店舗の減少となっていたものである。

そして2021年は、ご承知の通り旧規則機の撤去問題が本格化したことで、更なる閉鎖店舗の増加が予想されていた。今年は1000軒以上減って、合計数は8000店舗を割り込むのではないか。そんな見立てが業界内でも大勢を占めていたように思う。

実際、2021年1月期においては全国で84店舗のホールが閉鎖していた。単純計算で12倍するとちょうど1000店舗だ。むろん繁忙期後など閉鎖を選択するタイミングは集中しがちであるが、夏頃から年末にかけて閉鎖ホールが激増することは避けられないはず。そう思っていた方が多かったことだろう。

ただし結果的には、1月期の閉店数が2021年では最多となり、年間合計の廃業・休業数は579店舗という数値になっている。これを多いと見るか、少ないと見るかは意見が分かれそうなところ。いずれにしても、上半期(334店舗)より下半期(245店舗)の方が廃業・休業数が少なかった点は少し意外ではあった。

廃業
店舗数
休業告知
店舗数
閉鎖
店舗数
1月84店舗0店舗84店舗
2月45店舗0店舗45店舗
3月58店舗3店舗61店舗
4月36店舗1店舗37店舗
5月64店舗6店舗70店舗
6月34店舗3店舗37店舗
7月18店舗4店舗22店舗
8月71店舗7店舗78店舗
9月28店舗9店舗37店舗
10月33店舗3店舗36店舗
11月38店舗3店舗41店舗
12月26店舗5店舗31店舗
535店舗44店舗579店舗

ちなみに月別の閉店数では1月の84軒に次いで、8月が78軒、5月が70軒となっていて、やはり繁忙期後に閉鎖を選択するホールが多かったのは間違いない。なお、2022年1月末を以って(ごく一部の例外を除くと)全ての旧規則機が市場から完全撤去となるのは周知の通り。故に、そこで過去最大級の閉店数となることが予想されるも、果たしてどこまで減るのか。思っていたよりは減らなかった、そんな毎度お馴染みの結果になることも十分有り得そうだ。

コメント (136)

-パチンコ業界ニュース, ホール

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島