×

NEXUSグループ、SDGs活動の一環で「食品ロス削減」と「脱プラスチック」対策を実施

アミューズメント事業、フィットネス事業、飲食事業などを展開するNEXUSグループ(本社・群馬県高崎市)は、SDGs活動への取り組みの一環として「食品ロス削減」と「脱プラスチック」対策をスタートした。

同社の飲食事業部では、コロナ禍における飲食店への営業時間の短縮や休業要請の影響により、多くの食材が行き場を失ったことでフードロスに対する意識が高まった。これを受けて、2020年度には社会貢献の一つとして「子育てママ応援企画」お弁当100食を無料配布するなど、行き場を失った多くの食材を活用してきた。これらの活動を通して多くの学びを得たことで「食品ロス削減」対策を事業部規模で、NEXUS SDGsプロジェクトの一環として取り組んでいくこととした。具体的な取り組みとして「各店舗毎に発注数から実際の提供数を数値化し、過剰発注を削減」「今後の取り組みとして食事提供の量をカスタマイズ出来るようにする」「食品廃棄ロスに対して、提供前の廃棄を削減する」「各月での廃棄した量をグラム単位で数値化し共有する」の4点を挙げている。

また、運営パチンコホール「D‘STATION」のコーヒーサービスでは、プラスチックごみの問題に対する取り組みとして、2022年1月より全ての店舗でコーヒーのマドラーをプラスチックから環境にやさしい紙マドラーに変更している。

同社は「小さな一歩だが、社会課題解決のためにできることを、一つひとつ丁寧に取り組んでいきたい」としている。

NEXUS株式会社


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:270件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

今年4月にグランドオープンした日光商事グループの新店『nikko泉田店』。「Pスーパー海物語 IN  ...

2

三洋物産はこのほど、パチスロ新機種「S笑ゥせぇるすまん4」を発表した。パチンコホールへの導入開始は1 ...

3

数年前から遊技業界でも「依存問題」に対して真剣に取り組むようになりました。それは関係当局の行政講話で ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島