×

NEXUSフェンシングクラブの見延選手と日本スポーツSDGs協会が「折れ剣再生プロジェクト」を始動

アミューズメント事業を全国に展開するNEXUS(本社・群馬県高崎市)は、NEXUSフェンシングクラブ所属の見延和靖選手が発起人となり、一般社団法人 日本スポーツSDGs協会と練習や試合で折れたフェンシング剣を再利用する「折れ剣再生プロジェクト」を発足したことを発表した。

折れた剣の圧延および再利用品の制作は、見延選手の地元、福井県越前市にある武生特殊鋼材株式会社にて実施。再利用品は、ナイフ、包丁やメダル、将来的には越前市の伝統工芸品である越前打刃物への加工や、日本で生産・加工が行われていないフェンシング剣への再生・再制作を目指し、練習や体験用のフェンシング剣としての活用や、未来のフェンサー・フェンシング界でも様々な場面で活用できるリサイクルが目標だという。

見延選手は「2020東京大会を経て、世の中の様々な方々からのサポートを受けているからこそ、自分たちアスリートが輝ける舞台があるんだということを強く感じた。折れ剣の存在は以前より気になっていたことで、今回、日本スポーツSDGs協会と色々と話をして、折れ剣再生プロジェクトの道筋が立ったことをとても嬉しく思っている。フェンシングの折れ剣がナイフや包丁、メダルに変わっていき、更にその先も色々と出来るのでは、という期待が膨らんでおり、フェンシング界へのみならず、スポーツ界、地域、社会に還元できると思うとワクワクしている。今後はさらに協力パートナーを増やし、プロジェクトが拡大していくことを推進していきたい」とコメントしている。

NEXUS株式会社


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:270件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

今年4月にグランドオープンした日光商事グループの新店『nikko泉田店』。「Pスーパー海物語 IN  ...

2

三洋物産はこのほど、パチスロ新機種「S笑ゥせぇるすまん4」を発表した。パチンコホールへの導入開始は1 ...

3

数年前から遊技業界でも「依存問題」に対して真剣に取り組むようになりました。それは関係当局の行政講話で ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島