×

平和の希望退職制度、募集人数250人に対し255人が応募

平和は11日、同社及び遊技機事業に係る子会社に在籍する40歳以上59歳以下の正社員を対象に実施した希望退職制度(募集人数250人)の結果について、255人の応募があったと発表した。退職日は3月31日。退職者には優遇措置として割増退職金の支給、再就職支援などを行う。

同社は、希望退職制度を実施した結果に伴い、割増退職金など約21億円を見込んでおり、2022年3月期において特別損失として計上する予定。なお、2022年1月14日付公表の「連結業績予想の修正に関するお知らせ」には当該費用を特別損失として約21億円を織り込んでいる。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:155件)


コメント:11件 コメントを書く

  1. 平和の機種ってルパン三世に頼りすぎ。
    面白ければまだいいが最近の機種は一回触ればもういいかなって感じ。

    10
    1
  2. で、次の日本を活性化できるんかね。誰も彼も今しか考えてない10年でいい 終わってるよ日本は

    8
    5

今、読まれています!

1

『グランキコーナ泉佐野店』 昨年、大阪府下においてグランドオープンしたパチンコホールの中で最も注目を ...

2

新卒で大手パチンコホールに就職して4年が経過した。毎日の仕事が苦痛になった。将来のことを考えて転職す ...

3

フィールズは28日、新機種「パチスロBOØWY」(ディ・ライト製)を発売すると発表した。 本機は、8 ...

-パチンコ業界ニュース
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島