×

2月末の全日遊連加盟パチンコ店舗数は前月比126店舗減の7418店舗、廃業店舗数は1月を上回る87店舗

全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)はこのほど、「組合加盟店舗実態調査」における2022年2月末時点の結果を発表。営業店舗数は1月末より126店舗減少し7418店舗(前年同月は8174店舗)となった。

新規店舗数は1月と同じ3店舗(前年同月は2店舗)で、廃業店舗数は1月の73店舗を上回る87店舗となった(前年同月は62店舗)。また、2月中に発生した休業店舗数は59店舗(前年同月は29店舗)だった。

店舗数の減少に伴い遊技機の設置台数も大幅に減少。パチンコは208万399台で前月比マイナス2万9760台、パチスロは130万4311台で同マイナス3万6801台。総設置台数は前月比マイナス6万6561台の338万4710台(前年同月は366万1175台)となった。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:178件)


コメント:4件 コメントを書く

  1. もっと減ってほしい
    無抽選や違法台で稼ぐ業界の体質を変えるためには
    客離れしかないんでしょう

    26
    2
  2. 閉店ペースが落ちねーのすげーな

    わざわざ刃物取りに行ってパチンコ店内で傷害事件起こしたり、パチンコやる金欲しさにパチンコ店内で服盗んだり、客も大変だもんな

    21
    2

今、読まれています!

1

保安通信協会(保通協)は1日、2022年6月中に実施した型式試験の実施状況を公表した。 それによると ...

2

6月中の閉店・休業件数は66軒。本年の半年間で閉鎖したパチンコホール数は500軒近くに上っている。 ...

3

ツイッター等のSNSでの活動だけでなく、オリジナルグッズ販売やパチンコ台になったりと活動の幅が広がり ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島