×

「ワンダーランド」が既存店舗のテコ入れを実施、九州を代表するパチンコ企業はGW後の反動減を見越した施策にも抜かりなし

スロット関連でのテコ入れ施策が目立っていた

タイラ」グループは福岡県を中心にパチンコホールを展開する有力チェーンである。経営店舗は全て「ワンダーランド」の屋号を冠し、九州地方で計38店舗を運営してきた。

1000台を超える巨艦ホール数は5軒とけっして多いとは言えない中で、1店舗あたりの平均設置台数は約767台に上る。既存店舗の大半が大型店であることがよく分かる数値といえよう。新台導入意欲も高く、むろん集客力に秀でたホールが目白押しとなっていて、文字通り九州を代表するパチンコ企業と評してよいだろう。なお、コロナ禍以降に店舗閉鎖が一切見られない点も付記しておきたい。

そんな優良法人においては、繁忙期・GW後の反動減を見越した営業施策にも余念がないようだ。5月10日(火)と11日(水)の2日間だけで、少なくとも経営ホール8軒にてリニューアルの実施が確認されている。

ワンダーランド770東合川店
ワンダーランド香椎Ⅱ
ワンダーランド福岡東店
ワンダーランド香椎本館
ワンダーランド小戸Ⅱ
ワンダーランド南ヶ丘店
ワンダーランド柳川
ワンダーランド中津米山店

なお、リニューアルの内容は「パチンコ設備変更」「4円パチンコ増台」「貸メダル料金の変更」「スロット設備変更」「スロット各台計数機設置」等であったが、特にスロット関連でのテコ入れ施策が目立っていた。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:156件)


コメント:1件 コメントを書く

  1. 九州は大手が弱いとよく聞くが、こういう企業があるからなんだろうな
    今後、大手しか残らないと言われているが、こういう企業がパチンコ業界を盛り上げていくのだろう

    1
    1

今、読まれています!

1

7月1日、兵庫県尼崎市のJR神戸線「立花駅」北側に『キコーナ立花北店』がグランドオープンした。 同地 ...

2

ツイッター等のSNSでの活動だけでなく、オリジナルグッズ販売やパチンコ台になったりと活動の幅が広がり ...

3

「パチスロ甲鉄城のカバネリ」(サミー) 連日の真夏日で外に出る気力が湧かない。しかし実際には節電に協 ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島