×

善都、企業版ふるさと納税で愛知県岡崎市に1000万円寄付

愛知県を中心にパチンコホールを店舗展開する善都(本社・愛知県豊田市)は19日、企業版ふるさと納税により「岡崎市まち・ひと・しごと創生推進計画」に位置付けられた、「どうする家康」活用推進事業へ1000万円を寄付。これに対し00、岡崎市より感謝状を受領している。

寄付金は、大河ドラマ「どうする家康」の放送を機に整備を行う、「三河武士のやかた家康館」の常設展示にあるジオラマシアターの展示改装に活用される予定。

都筑晶裕社長は「来年の大河ドラマ『どうする家康』の撮影を今夏に控え、豪華な出演者と配役が報道で発表され、ますます期待が高まるなか、地域振興の力添えになればと思い、寄付させていただいた。ドラマ放送と併せて、地元の英雄『徳川家康』に関する歴史を学ぶ学習の場として役立てていただければ」とコメントした。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:178件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

保安通信協会(保通協)は1日、2022年6月中に実施した型式試験の実施状況を公表した。 それによると ...

2

6月中の閉店・休業件数は66軒。本年の半年間で閉鎖したパチンコホール数は500軒近くに上っている。 ...

3

ツイッター等のSNSでの活動だけでなく、オリジナルグッズ販売やパチンコ台になったりと活動の幅が広がり ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-, , ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島