×

民事再生手続を申請したパチンコメーカー「高尾」、債権者を対象に名古屋市内で説明会を開催

パチンコメーカーの高尾は1日、名古屋市中村区のTKPガーデンシティPREMIUM名駅西口において民事再生手続に関する説明会を開催。100名を超える債権者が参加した。

冒頭、内ヶ島隆寛代表取締役が再生手続開始申し立てに至った経緯を説明し、謝罪の言葉を述べた。続いて、同社代理人弁護士が再生の方針や、再生手続の概要・スケジュールなどについて説明を行った。

【関連記事】パチンコメーカーの高尾が民事再生法適用を申請 平成30年の販売製品問題により業績が悪化、改善に至らず

同社は5月30日、東京地方裁判所に民事再生手続開始の申立てを行い、同日付で同裁判所より保全処分命令の発令を受けた。債権者宛てに送付した文書によると、パチスロメーカーのオーイズミが民事再生手続下での同社支援を表明し、すでに支援策の具体的検討を開始したとしている。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:156件)


コメント:5件 コメントを書く

  1. 社長が殺害された事件の捜査状況はどうなっているのですか?一刻も早い検挙解決を願います。

    19
    3
  2. 事業廃止せよ

    15
    24

今、読まれています!

1

7月1日、兵庫県尼崎市のJR神戸線「立花駅」北側に『キコーナ立花北店』がグランドオープンした。 同地 ...

2

ツイッター等のSNSでの活動だけでなく、オリジナルグッズ販売やパチンコ台になったりと活動の幅が広がり ...

3

「パチスロ甲鉄城のカバネリ」(サミー) 連日の真夏日で外に出る気力が湧かない。しかし実際には節電に協 ...

-パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島