×

真城ホールディングス、ウクライナへの人道支援として救援金100万円を寄付

愛知、岐阜でパチンコホールを店舗展開する真城ホールディングス(本社・名古屋市東区)は5月31日、ロシアからの軍事侵攻が続くウクライナへの人道支援として、救援金100万円を日本赤十字社愛知県支部へ寄付した。救援金はウクライナや周辺国で行う救援活動や人道支援にあてられる。

同社は「連日報道される軍事侵略と戦火での犠牲者拡大の状況は見るに堪えず、企業としての社会的責任を全うしたいという思いはもちろん、一日でも早く停戦合意が成立し、世界に平和と安全が戻って欲しい」とコメント。なお、今回の寄付が武器の購入費にあてられ、紛争激化につながらないよう、医療支援や生活必需品・食糧支給に取り組む同団体への寄付となった。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:179件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

保安通信協会(保通協)は1日、2022年6月中に実施した型式試験の実施状況を公表した。 それによると ...

2

6月中の閉店・休業件数は66軒。本年の半年間で閉鎖したパチンコホール数は500軒近くに上っている。 ...

3

ツイッター等のSNSでの活動だけでなく、オリジナルグッズ販売やパチンコ台になったりと活動の幅が広がり ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-, , ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島