×

栃木県那須塩原市のパチンコ店『ジャンボワールド』が貯玉・貯メダルの交換(精算)を促す、吉原産業グループにおける初の店舗閉鎖か

栃木県那須塩原市にて営業してきたパチンコホール『ジャンボワールド』が2022年6月19日(日)までに貯玉・貯メダルの交換(精算)をお願いしている。

同店は「那須IC」から南西方面へ3キロほど離れた場所に店舗を構えており、パチンコ機200台・パチスロ機100台(合計300台)の小規模ホールであった。近隣には『ダイナム黒磯店』といった競合ホールも点在しているエリアである。

ちなみにホームページ上では交換(精算)のお願い案内だけで、閉店や休業といった告知は見られていない点を付記しておきたい。

なお、運営母体となる「吉原産業」グループは福島県を中心にパチンコホールを展開するチェーン企業である。経営店舗は主に「ジャンボ」の屋号を冠しており計21店舗を営業中だ。福島に拠点を置くパチンコ企業グループとしては「ニラク」や「ダイエー」などに次ぐ事業規模を誇っており、地元での認知度は十分高い老舗企業と評せるだろう。

コロナ禍以降の店舗閉鎖はこれまで1軒も見られていなかったため、『ジャンボワールド』の動向は気になるところである。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:328件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

新台入替に頼らない地域密着営業を実践する店舗として、ホール関係者の間でもしばしば話題となってきた北海 ...

2

京楽産業.は10日、パチンコ新機種「ぱちんこ キン肉マン3 キン肉星王位争奪編 特盛ミートくんver ...

3

『SUNBALLⅡ』跡地 近年のパチンコ業界で閉店が相次いでいるのは周知の通りだ。2020年と202 ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島