×

NEXUSグループが「SDGsプロジェクト」として端玉景品などを寄付/パチンコ企業のCSR活動ニュース

群馬県を中心にパチンコホールを全国展開するNEXUSグループ(本社・群馬県高崎市)は6月14日、同社が掲げる「SDGsプロジェクト」の一環として、児童養護施設フランシスコの町(群馬県高崎市)に端玉お菓子などの寄付を行ったと発表した。

同グループでは、環境に配慮した誠実で発展的な店舗運営を目指すため、持続可能な開発目標であるSDGsを宣言。事業を通して企業価値の追求を行いながら「社会貢献」「経済支援」「自然環境」といった社会的課題の解決にも取り組む。

これらに関わる全ての人が幸せになれるよう「幸福度No.1企業」を創り上げることを目標としているようだ。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:158件)


コメント:1件 コメントを書く

  1. 何をしようがパチンコのイメージアップにはなりません。必死だなw

    1
    1

今、読まれています!

1

7月1日、兵庫県尼崎市のJR神戸線「立花駅」北側に『キコーナ立花北店』がグランドオープンした。 同地 ...

2

ツイッター等のSNSでの活動だけでなく、オリジナルグッズ販売やパチンコ台になったりと活動の幅が広がり ...

3

「パチスロ甲鉄城のカバネリ」(サミー) 連日の真夏日で外に出る気力が湧かない。しかし実際には節電に協 ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島