×

NEXUSフェンシングクラブ所属の見延選手が銀メダル獲得、男子エペ世界選手権での日本選手のメダル獲得は史上初

見延和靖選手

群馬県を中心にパチンコホールを全国展開するNEXUSグループ(本社・群馬県高崎市)のNEXUSフェンシングクラブに所属する見延和靖選手が、カイロ(エジプト)で開催された、フェンシング世界選手権カイロ大会男子エペ個人戦にて、銀メダルを獲得した。男子エペの世界選手権における日本選手のメダル獲得は史上初となる。

今大会を世界ランク18位で迎えた見延選手は、ベスト16、準々決勝で日本対決を1本勝負で下すと、準決勝では世界ランク6位のREIZLIN選手(ウクライナ)に13対12で勝利。そして、決勝では東京2020オリンピック金メダリストで世界ランク1位のCANNONE選手(フランス)に12対15で惜敗するも、見事銀メダルを手にした。

見延選手は「日本人対決の接戦を勝ち抜き、誰が獲ってもおかしくないメダルだった。だからこそ、最後まで勝ち切ることが出来ず、日本の強さを証明出来なかったことが非常に悔しい。この悔しさを噛み締め、団体戦ではチーム一丸となって金メダルを勝ち取りたい」と、団体戦に向け気持ちを切り替えていた。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:270件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

今年4月にグランドオープンした日光商事グループの新店『nikko泉田店』。「Pスーパー海物語 IN  ...

2

三洋物産はこのほど、パチスロ新機種「S笑ゥせぇるすまん4」を発表した。パチンコホールへの導入開始は1 ...

3

数年前から遊技業界でも「依存問題」に対して真剣に取り組むようになりました。それは関係当局の行政講話で ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島