×

真城ホールディングス、中区防犯連合協議会へ防犯プレートを寄贈

愛知、岐阜でパチンコホールを店舗展開する真城ホールディングス(本社・名古屋市東区)は7月29日、地域貢献活動の一環として、名古屋市の中区防犯連合協議会に防犯プレートを寄贈した。

今回寄贈した防犯プレートは、愛知県中警察署長の目に「特別警戒中」と書かれたデザインを採用。中警察の渡辺勇人署長、愛知県防犯協会連合会の井戸義郎会長は「防犯プレートをうまく活用することで、犯罪防止や防犯意識の向上につなげていきたい」と謝辞を述べた。

同社は「コロナ禍ではあるが、地域の皆様がこれからも安心・安全に暮らせるよう、今後もこういった取り組みを積極的に行っていきたい」とコメントしている。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:270件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

今年4月にグランドオープンした日光商事グループの新店『nikko泉田店』。「Pスーパー海物語 IN  ...

2

三洋物産はこのほど、パチスロ新機種「S笑ゥせぇるすまん4」を発表した。パチンコホールへの導入開始は1 ...

3

数年前から遊技業界でも「依存問題」に対して真剣に取り組むようになりました。それは関係当局の行政講話で ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島