×

神奈川県海老名市のパチンコ店『ガイアネクスト海老名駅前店』が僅差ながらも客付き率でトップに、ガイアグループにおける旗艦店舗の面目躍如

『アビバ海老名店』

神奈川県海老名市にてパチンコ新店『アビバ海老名店』がグランドオープンしたのは本年4月27日のこと。同地にて営業してきた『スーパーDステーション海老名店』をアビバグループが取得し、屋号変更を伴い居抜き出店した案件だった。

『アビバ海老名店』は小田急線の「海老名駅」から徒歩5分程度の場所に位置しており、駅前型と郊外型のどちらの利点も備えた1フロアの大型店となっている。

一方で、駅前には同じく1000台超の規模を誇る『ガイアネクスト海老名駅前店』が存在していることに加えて、1キロほど離れた場所には総設置台数1200台の『キコーナ海老名店』も鎮座。巨艦店の集積エリアと評してよいだろう。正に三つ巴の戦いが繰り広げられてきた。

『ガイアネクスト海老名駅前店』

(新店オープンから約3カ月が経過した)7月29日に視察すると、「ガイア」や「キコーナ」系列の旧イベント日だったこともあって、客入りは何処も上々。「キコーナ」に至っては500人近い遊技客の姿が確認されている。

なお、昼過ぎで日差しの強い時間帯だったことも関係してか、『ガイアネクスト海老名店』が僅差ながらも客付き率ではトップとなっていた。駅ペデストリアンデッキ直結の入口側を「低貸玉コーナー」として賑わい感を上手く創出出来ている。ガイアグループにおける旗艦店舗の面目躍如といったところ。

むろん『アビバ海老名店』も遜色ない集客をみせ、4円パチンコの大半を玉積みとするスタイルにより視覚的なインパクトも感じられたものだ。大手チェーンによる旗艦店同士の争いともなるとオペレーションの完成度や運営の妙は流石。この三つ巴に学ぶべき点は多そうである。

回答結果 (回答数490件)

小田急線「海老名駅」周辺エリアで、あなたが打ちに行きたいと思うパチンコ店は下記のうちどれですか?

アビバ海老名店(39.8%)
ガイアネクスト海老名駅前店(30.2%)
キコーナ海老名店(30%)
投票は終了しました

アンケート一覧はこちら


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:270件)


コメント:5件 コメントを書く

  1. 駅前のガイア潰して店建てて欲しい

    17
    4
  2. グランドオープンで全く出すことができない体力のアビバ、打ちたくもない北斗とか特定の機種に偏るキコーナ、ギッチギチだが超探せば2、3台回る台があるガイア。
    結局マルハンでいいかなってなる。

    2
    17

今、読まれています!

1

今年4月にグランドオープンした日光商事グループの新店『nikko泉田店』。「Pスーパー海物語 IN  ...

2

三洋物産はこのほど、パチスロ新機種「S笑ゥせぇるすまん4」を発表した。パチンコホールへの導入開始は1 ...

3

数年前から遊技業界でも「依存問題」に対して真剣に取り組むようになりました。それは関係当局の行政講話で ...

-ピックアップ, パチンコ業界ニュース, ホール, 関東エリア, 神奈川県
-, , ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島