×

京都府のパチンコ企業「ナカサン」の経営者らが無承認変更の疑いで書類送検される、本年5月末頃にパチンコ2台のくぎを曲げて不正に改造した疑い

株式会社ナカサンは京都府にてパチンコホールを経営する企業だ。「プレイヤーズクラブ」や「ルート1」といった屋号にてグループ合計で3店舗を運営してきた。1店舗あたりの平均設置台数は349台となり、小中規模ホールのみの店舗構成ながら、比較的「新台導入意欲」が高いことでも知られている。

そんな同社の経営者らが風営法違反(無承認変更)の疑いで書類送検されたと複数のメディアが報じている。報道によると、本年5月末頃にパチンコ遊技機2台のくぎを曲げて不正に改造した疑いが持たれているという。

書類送検されたのは社長・店長・副店長の3人と法人としての同社で、3人は容疑を認めているという。

なお、同時期には宮城県仙台市のパチンコホール『アポロの泉』でも同様に「くぎ曲げ」の疑いで捜査が行われ、先日書類送検のニュースが流れたばかりだった。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:109件)


コメント:8件 コメントを書く

  1. 違法営業は氷山の一角、まだまだ摘発される業界です。

    5
    2
  2. 倒産していく予兆

    4
    4

今、読まれています!

1

新規則機時代へと突入した2022年も残り1か月となった。光陰矢の如しとはよく言ったものだ。正にあっと ...

2

新潟県佐渡市にて営業してきたパチンコホール『DAMZ佐和田』が2022年11月30日(水)の営業を以 ...

3

パチンコ店のコンサルを生業としている知人。最近顔を見ないので「どうしているのか」と同業者に尋ねると、 ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島