×

M&A情報 パチンコホール情報 東京都 関東エリア

【パチンコM&A】メッセ、『パラッツォ吉祥寺イースト店』(東京都)をグループ化

『メッセ』の屋号で東京都を中心にパチンコホールを店舗展開するメッセ(本社・東京都中央区)が、吸収分割により『パラッツォ吉祥寺イースト店』(東京都武蔵野市)の経営事業に関する権利義務を承継することが22日付け官報に公告された。

同店は、JR吉祥寺駅北口に立地する駅前型店舗。地下1階、地上2階の3フロア構成で、遊技機設置台数は670台(パチンコ421台、パチスロ249台)。同駅南口には『G-ONE 吉祥寺』と『グリンピース吉祥寺店』が営業しているが、そのような中においても集客面で健闘してきた店舗である。

メッセは、2017年に同社最大規模となる『メッセ竹の塚』を新築でグランドオープンして以降、一気に勢いが加速。2018年末には同じく1007台の設置台数を誇る『メッセ西葛西』を新築でグランドオープンした。ちなみに同店では当初、少なからず苦戦も伝えられていたが、早い段階でテコ入れに成功。現在では強豪店舗の地位を完全に確立している。

また、2019年には『メッセ荻窪』を居抜き出店し、JR中央線沿い最大級のパチスロ専門店を謳っていた。更に、2019年末には『メッセ武蔵境店』を新築でグランドオープンするなど出店ラッシュに。もともと高集客を誇っていた『メッセ三鷹店』も含めて、ここ数年でブランドイメージが劇的に向上した印象である。

コロナ禍以降もその勢いは衰えず、「株式会社赤玉」の経営2店舗をグループ化したのが2020年6月のこと。なお、「株式会社赤玉」は2020年4月15日に東京地裁に破産を申請しており、パチンコホール初のコロナ倒産として話題になっていた企業だ。結果的に、赤玉が経営していた3店舗の内、『アカダマウエスト』と『アカダマサザンクロス』についてはメッセグループが傘下に収める格好となっている。そして2020年9月に『メッセ南千住店』が、2020年12月に『メッセ西荻窪店』がそれぞれ屋号変更の上でグランドオープンを果たしたのは記憶に新しいところだろう。

なお、吉祥寺駅北口エリアにもう1店舗の出店を予定しているとの話も聞かれるなど、今勢いのある企業グループと評しても過言ではないだろう。

購入企業株式会社メッセ
公示日2021年9月22日
購入店舗パラッツォ吉祥寺イースト店
住所東京都武蔵野市吉祥寺本町1-24-7 吉祥寺光ビル
備考

まとめ情報

パチンコ店のM&Aまとめ

コメント (0)

-M&A情報, パチンコホール情報, 東京都, 関東エリア
-

© 2021 パチンコ・パチスロ情報島