×

長野県のパチンコホール『ニューアサヒ本店』と『ニューアサヒ湖南店』が6月19日を以って閉店に、中長期経営戦略による再編で

三公商事」グループは長野県を中心にパチンコホールを展開するチェーン企業である。経営店舗は主に「ニューアサヒ」の屋号を冠しており計23店舗を運営してきた。その内訳は長野県(20店舗)、山梨県(2店舗)、そして東京都(1店舗)だ。

1店舗あたりの平均設置台数は約507台と小中規模ホールが目立つが、1000台を超える巨艦ホールも1件運営。同社で最大規模を誇る『ニューアサヒ長野青木島店』(1012台)が名実ともに旗艦店舗と評せるだろう。総じて営業力には定評があり、長野県を代表するチェーン企業の一つであることは間違いない。

なお、2017年末に『ニューアサヒ甲府昭和店』を居抜き出店しており、これが山梨県では2店舗目となっていた。以降は新規出店等の大きな動きはみられなかったが、2021年11月に『プラザ ザック』(長野県350台)をM&Aにより取得。同店については2021年12月末に『イーアサヒ伊那店』として屋号変更を伴うグランドオープンを果たしていて、これが三公商事グループでは4年ぶりの新店である。

そして先日5月23日には、新たに『マルイ上田店』を傘下に収めたことが官報に公告されたばかり。いずれは「ニューアサヒ」ブランドとして生まれ変わることだろう。

【関連記事】長野県を代表するパチンコ企業が大型ホールを取得、『マルイ上田店』が三公商事グループの傘下に入る

こうして新店の動きが出てきた一方で、既存店の整理にも着手している。本年1月末にはパチスロ専門店の『ジオ スタジアム』を既に休業済みだが、更に『ニューアサヒ本店』と『ニューアサヒ湖南店』の2店舗について2022年6月19日(日)の営業を以って閉店することが告知されていた。

両店とも周辺にはグループ店舗が存在しているドミナント展開エリアであり、自社競合を避ける狙いもあるのかもしれない。ホームページ上では「中長期経営戦略による再編」とも記載されている。いずれにせよ、これにより三公商事グループにおけるコロナ禍以降の閉鎖店舗は計5軒となった。

●三公商事グループにおけるコロナ禍以降の閉鎖店舗一覧
2020年11月:『ニューアサヒ岡谷東店』(長野県248台)
2021年11月:『イーアサヒ四賀店』(長野県235台)
2022年 1月:『ジオ スタジアム』(長野県200台)
2022年 6月:『ニューアサヒ本店』(長野県216台)
2022年 6月:『ニューアサヒ湖南店』(長野県288台)


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:156件)


コメント:4件 コメントを書く

  1. 国立だか府中にあるやつ?

    7
    5
  2. ゴミアサなんざさっさと潰れてくれOK

    6
    4

今、読まれています!

1

7月1日、兵庫県尼崎市のJR神戸線「立花駅」北側に『キコーナ立花北店』がグランドオープンした。 同地 ...

2

ツイッター等のSNSでの活動だけでなく、オリジナルグッズ販売やパチンコ台になったりと活動の幅が広がり ...

3

「パチスロ甲鉄城のカバネリ」(サミー) 連日の真夏日で外に出る気力が湧かない。しかし実際には節電に協 ...

-パチンコホール情報, 閉店・休業情報, 長野県, 中部エリア
-, , ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島