×

群馬県高崎市のパチンコ店『ノア高崎店』が7月31日までに貯玉・貯メダルの精算を促す、コロナ禍以降で2軒目の店舗閉鎖か

群馬県高崎市にて営業中のパチンコホール『ノア高崎店』が2022年7月31日(日)までに貯玉・貯メダルの精算を促している。

同店は旧17号線沿いに位置しており、パチンコ機360台・パチスロ機216台(合計576台)の中規模ホールだ。半径3キロ圏内には『マルハン前橋インター店』や『Super D’station前橋大利根店』といった有力ホールも点在しているエリアである。

ちなみにホームページ上では交換(精算)のお願い案内だけで、閉店や休業といった告知は見られていない点を付記しておきたい。

なお、運営母体となる「吉原産業」グループは福島県を中心にパチンコホールを展開するチェーン企業。経営店舗は主に「ジャンボ」の屋号を冠しており計20店舗を営業中だ。2022年6月に『ジャンボワールド』(栃木県那須塩原市)を閉鎖した際にも、同様の告知スタイルをとっていたものである。

同グループにとって『ノア高崎店』がコロナ禍以降で2軒目の店舗閉鎖となるのかどうか。続報を待ちたいところだ。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:224件)


コメント:1件 コメントを書く

  1. コロナってより利益の取りやすいのを優遇しすぎた結果

    10
    1

今、読まれています!

1

新規則機時代へと突入した2022年も4分の3が経過し、残りは3か月となった。その間パチンコホールの閉 ...

2

テンガイグループのツイッターより 9月18日に鹿児島市に上陸した台風14号。暴風雨を伴いながら九州を ...

3

各台計数機・パーソナルを入れる前の「玉箱」があった方が従業員のモチベーションは高かった、とあるホール ...

-パチンコホール情報, 群馬県, 閉店・休業情報, 関東エリア
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島