パチンコ業界ニュース その他のニュース

フォロワー数9カ月で1万2500人! 話題のアイドル店員〝あんこさん〟の素顔とは?

2020年10月7日

「アイドル店員」の誕生はほとんど成りゆき

都心部の殺伐とした環境よりも人情が保たれた地域のパチンコ店を新しい職場に選んだあんこさん。ツイッターのフォロワーたちもそんな彼女の人柄に魅かれたのかもしれない。仕事への取り組みも評価され、アルバイトでの入店からわずか2カ月ほどで正社員への登用を望まれた。

「アルバイトのほうが気楽なので最初のうちはどうしようかそれなりに悩んだんです。ただ、せっかくのお話ですし、これといって別にやりたい仕事もなかったので、店長のお誘いを受けて入社させてもらうことになりました」

なんらかのめぐりあわせや人間関係に身をゆだねてきたかのようにも感じられるあんこさんだが、「アイドル店員」へのスタートはこのときに切られていたと言っていい。

「ツイートの担当者を決めるにあたって店長やスタッフさんたちとも話しあった結果、やっぱり女の子が書いたほうが注目されるよねっ、という話になり、趣味のツイートをしていたわたしが任せられるようになっちゃって…」

またしても成りゆきに身を任せた格好のあんこさんだが、時間が許せばこまめにツイートをくり返すがんばり屋の一面を発揮する。

「正直、めんどいな、と思うこともありましたよ。でも、任されたからにはちゃんとやる。そう決めてせっせとツイートしてました」

あんこさんには麻雀やパチスロのほかにも「アイドルの追っかけ」といった趣味があり、男性アイドルばかりではなく女性アイドルやお笑い芸人のライブにも足しげく通い、その感想などをツイートしてきた。

「自分がアイドルになりたいと思ったことですか? ぜんぜんありません。観ているほうがずっと楽しい。最近は忙しくてライブにもあまり行けていないんですけどね」

あんこさんがツイッターやYoutubeでみせる「アイドル店員」としてのふるまいや言葉づかいには「追っかけ」だった経験も役立っているのだろう。

「実は、親戚の女の子もしばらくのあいだエンタメ系の女性アイドルをしていたことがあるんです。わたしは観る側で十分だったけれど、わりとすんなり〝あんこ〟になれたのは、彼女の存在があったからだと思います。でも、ツイートをはじめた頃は自分の画像をアップするのがイヤでイヤで。可愛い女の子ならばほかにいくらでもいるし。顔がほとんどわからない小さなアイコンならばともかく、大きな画像を載せるときは、特定されないように『五反野店』のスタッフたちにまざって写真を撮っていたんです」

たとえ店を紹介する宣伝であっても悪意のあるリツイートなど、SNSならではのリスクがつきまとう。なぜ彼女は自身のプライベートな情報までさらすことになったのか。転機は昨年の12月上旬に訪れた。

『ミカド五反野店』(東京都足立区)

次ページ 「一時は4キロも痩せました」(あんこ)

コメント (3)

次のページへ >

編集部の注目記事

1

人気ブロガーや多くのフォロワー数をもつツイートの発信者がその活動をいつの間にか休止する。ネット上では ...

2

サミーは25日、新台「パチスロ北斗の拳 宿命」の特設サイトおよびスペシャルムービーVol.1を公開し ...

3

 本稿では、弊社が運営している「たばこの吸えるパチンコ店検索サイト『パチモク』」における登録店舗の状 ...

4

バックナンバー 青年部連合会『パチンコホールの換気実証実験』が話題に 青年部連合会では『パチンコホー ...

5

全国遊技場青年部連合会は26日、名古屋市内の会議室AP名古屋において「パチンコホールの換気実証実験」 ...

6

全日遊連、日遊協、同友会、余暇進、PCSAのホール5団体は19日、パチンコ・パチスロ産業21世紀会で ...

-パチンコ業界ニュース, その他のニュース
-

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2020 All Rights Reserved.