×

パチンコ業界ニュース ホール

ランキングトップは『エスパス』の日拓グループ ~経営パチンコホール1店舗あたりの平均魅力度(パチンコ編)

2021年4月30日

本稿では、弊社が独自に集計したデータベースを元に、パチンコ経営企業のランキングをご紹介する。

今回は「経営ホール1店舗あたりの平均魅力度」をパチンコ機だけに絞って集計した企業ランキングだ。なお、評価については「新台導入意欲」や「人気機種の品揃え」「低貸営業比率」などの計9項目を点数化して総合的に順位付けしている。

業界最大手の『マルハングループ』は(約1800グループ中で)12位となった。300軒以上の経営ホールを有している巨大企業ながら、「1店舗平均の魅力度評価」も他の強豪企業と比較して何ら遜色ない結果に。さすがはリーディングカンパニーといったところか。ちなみに、パチンコ業界最大の経営ホール数を誇る「ダイナムグループ」は283位という集計結果だった。

ランキングの上位には優良法人が軒並み名を連ねる中で、堂々の1位となったのが『日拓グループ』。

東京のパチンコファンで『エスパス』の名を知らない人は居ないことだろう。15軒ある経営ホールの中でも、1687台の設置台数を誇る『エスパス日拓新宿歌舞伎町店』は日本有数と評せる強豪店舗の一つである。ネームバリューの割には経営店舗数が少なめということも「1店舗平均の魅力度評価」が高くなる要因だ。特に「新台導入評価」および「総合入替評価」が突出して高くなっている。

なお、興味深かったのは「パチンコ機」のランキングでは1位となるも、別途集計してみた「パチスロ機」のランキングでは20位とやや後退。この辺りは同グループの経営戦略とも無関係ではないかもしれない。

また、非常に僅差で2位に付けたのが『善都グループ』である。愛知県を代表するチェーン企業として計24店舗のパチンコホールを運営しているが、特に「通常貸営業比率」の高さが特徴の一つといえよう。むろん、その他の評価項目も総じて上位に位置していることで、今回のランキングでは『日拓グループ』と双璧を成す結果となっていた。

その他の注目企業としては、17位の『ユニカグループ』や37位の『大王興業グループ』、49位の『オーシャングループ』などを挙げておきたい。いずれも経営店舗数の少ない小規模チェーン企業ではあるが、残った既存店は総じて優良ホールばかり。故に「1店舗平均の魅力度」という観点からは、非常に評価が高くなっている。

また、ランキング外にも優良法人は目白押しで、51位の『シルバーバックグループ』や52位の『ベガスベガスグループ』を始めとして、評価の切り口次第では上位に上がってくる強豪グループは数多く存在している。

次ページ 経営ホール1店舗あたりの平均魅力度ランキングトップ50(パチンコ編)

コメント (6)

次のページへ >

編集部の注目記事

1

本稿では、弊社が独自に集計したデータベースを元に、パチンコ経営企業のランキングをご紹介する。 今回は ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2021 All Rights Reserved.