×

【閉店】モナコ住吉本店(2021年8月31日閉店・長崎県)

長崎県長崎市の『モナコ住吉本店』が8月31日に閉店する。

同店は、パチンコ210台(1.25円・0.2円)、パチスロ73台(2円)の低貸専門店。同じ商圏で『ビッグアップル.住吉店』『ケイズプラザ住吉店』の計3店舗がドミナント展開してきたが、『ビッグアップル.住吉店』についても同日をもって閉店することとなっており、9月以降は『ケイズプラザ住吉店』のみでの営業となる。

運営企業は長崎県を中心にパチンコホールを店舗展開するチェーン企業「オークラ(王蔵)グループ」。経営店舗は主に「ビッグアップル」の屋号を冠し計15店舗を運営してきた。その内訳は長崎県(10店舗)、福岡県(1店舗)、山口県(1店舗)、兵庫県(1店舗)、東京都(1店舗)、神奈川県(1店舗)。1店舗あたりの平均設置台数は564台と小中規模ホール中心ではあるが、1000台を超える巨艦ホールも1軒運営している。

2017年にグランドオープンした『ビッグアップル.出島店』を最後に新規出店は確認されておらず、2021年5月9日には『ケイズプラザ三日月店』(佐賀県)と『ビッグアップル.ユーパーク元住吉』(神奈川県)を閉店しており、店舗構成の見直しにも着手し始めているようだ。

ダイナムグループ」や「ニラクグループ」と同様に、香港証券取引所に上場している企業の一社として高い認知度を誇っているオークラ(王蔵)グループ。代表者は山本勝也氏であり、2021年4月頃には(首都圏を中心に24店舗を展開する)パラッツォグループの代表者欄にも同氏の名が記されるようになって、大いに驚かされたものだ。これにてグループ合計で40軒前後のパチンコホールを有する巨大企業へと変貌を遂げている。

店舗 モナコ住吉本店
閉店日 2021年8月31日
住所 長崎県長崎市住吉町6-4
備考

まとめ情報

パチンコ店の閉店・休業まとめ


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:225件)


コメント:3件 コメントを書く

  1. ありがとう楽しかったですとってもさみしいです

    7
    3
  2. 長崎にいた頃、よく遊ばせてもらったお店。昔ながらのパチンコ屋さんの雰囲気があるところでした。寂しいです。ありがとうございました。

    2
    0

今、読まれています!

1

秋田県秋田市にて営業中のパチンコホール『P-ZONE広面店』がマルハングループに事業承継されることが ...

2

ホームページなどで「スマスロ」導入を予告するパチンコホールが出始めている スマスロ導入の見通しが徐々 ...

3

知り合いのジャーナリストからパチンコ業界の展望などを聞かれる。そうして話している内に「公営ギャンブル ...

-パチンコホール情報, 長崎県, 閉店・休業情報, 九州・沖縄エリア
-

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島