×

2022年のパチンコ業界を振り返る【7月編】6.5号機の好調さと「スマート遊技機フォーラム」の開催で反転攻勢への機運高まる

2022年7月19日、東京ドームホテルで開催された「スマート遊技機フォーラム」

新規則機イヤーとなった2022年。パチンコ業界における長い歴史の中でも節目の1年となったことは間違いないだろう。実に様々な出来事があったものだ。そんな中で今回は2022年7月の出来事を振り返ってみたい。

7月4日週はひと月ぶりの大型入替が行われている。特にパチスロは6.5号機の第2弾が登場するとあって注目していた方も多いはず。「甲鉄城のカバネリ」と「犬夜叉」はどちらも擬似ボーナスメインの高純増タイプ。ぱっと見のスペックからも大量出玉に繋げやすいイメージを持てるため、ホール側もアピールしやすそうな印象だった。

パチスロ6.5号機第2陣が7月4日より稼働開始に、「甲鉄城のカバネリ」が気になる理由は…【パチンコ依存者Yの新台論評】

そして迎えた7月7日。パチンコ・パチスロファンにとっては年に一度のお祭りの日と言っても過言ではない。多くのパチンコ店に大行列ができるというのが一つの風物詩となっている。ちなみに弊社が定点観測しているパチンコ激戦区・大阪千日前エリアでは、旧規則機が残っていた2021年よりも客数は増加していたもの。6.5号機の第2弾がパチスロの盛り上がりに一役買っていたのは間違いなかった。

パチスロの客数・稼働率、旧規則機が残っていた昨年よりも増加 ~大阪・千日前2022年7月7日の稼働状況

同じく7月7日にはDステーションが(M&Aした福岡県のパチンコホール)2店舗を同時にグランドオープンしている。ちなみに同社が2017年に「P-ZONE」12店舗を事業承継して九州地方へ進出したことは記憶に新しいところ。その後は福岡県4店舗、長崎県8店舗という構成であったが、更に2軒が加わることとなった。

地域最大となる1300台の大型パチンコホールが大盛況の船出を見せる、福岡県の『スーパーDステーション飯塚店』が7月7日にグランドオープン

その一方で、愛知県の老舗パチンコ企業「フシミコーポレーション株式会社」が自己破産したというニュースも。なお、同社の代表であった深谷氏は、パチンコ業界における顔役の一人としてよく知られた存在である。故にこのニュースには驚いた方も少なくないことだろう。

愛知県の老舗パチンコ企業「フシミコーポレーション株式会社」が自己破産へ、6月中に経営2店舗を閉鎖していた

合わせて7月期にはM&Aによる既存店の譲渡・取得も目立っていた。真城グループが『コスモジャパン勝川店』を傘下に収めた他にも、大阪市の優良パチンコ店『K-POWERS大阪本店』をベガスベガスグループが取得したニュースには驚かされたものだ。

大阪市港区の優良パチンコ店『K-POWERS大阪本店』がベガスベガスグループの傘下へ、同社の拡大路線は続く

こうした出来事があった中でも、7月期における最大のトピックスは、やはり「スマート遊技機フォーラム」の開催か。日工組・日電協・PSA・認証協の4団体が19日、東京都文京区の東京ドームホテルにおいてパチンコホール関係者向けのフォーラムを開催。会場に集まったホール4団体の関係者に加えて、約3000名がオンライン視聴するなか、スマート遊技機がアピールされていた。その後、ユニットを巡る獲得競争へと突入していくこととなる。

「大当り確率の下限が350分の1に」「新仕様のc時短の搭載可」など新たな遊技性を公表、パチンコホール関係者向け「スマート遊技機フォーラム」で

スマスロ導入に向けた動きが加速していく中で、パチスロ6.5号機が盛り上がっていた。2万枚オーバーの出玉がSNSで話題となるなど、稼働は好調。中古機相場も一気に高騰している。永らく低迷を続けたパチスロ機において、ようやく光が差し込んできたといえるだろう。

「パチスロ犬夜叉」の中古価格が暴騰中で200万円に迫る、他6.5号機も軒並み高騰してパチンコ業界では新たな中古機バブルへ

7月期は翌月にお盆休みを控えていたこともあり、閉店ホール数は(12月期を除くと)2022年で最小となった。6.5号機の好調さも相まって、ようやく底を脱しつつある。そんな一カ月間だったといえよう。8月期編へ続く。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:79件)


コメント:2件 コメントを書く

  1. この人「反転攻勢」ってフレーズ大好きみたいだけど
    大体何に対して攻勢をかけるんだ?
    そもそも守勢になった理由はそこにあるのか?

    3
    0
  2. 2時間に一回当たりを引き、確実に1万発だす。それで、トントン。一日に7万発出る台も、10時間は、吸込みタイム。いかに無理ゲーなのかが分かる。
    小回転で単発重ねて、ソコソコ収束。こんなに面白くなくなる日が来るとは思わなかったよ。

    1
    0

今、読まれています!

1

新規則機イヤーとなった2022年に閉店したパチンコホールは全国で計770店舗だった(編集部調べ)。こ ...

2

1月度におけるパチスロの最多導入は「HEY!エリートサラリーマン鏡(パオン・ディーピー)」だった 今 ...

3

「大阪楽園グループ」は大阪府にてパチンコホールを店舗展開するチェーン企業である。経営店舗は「ラクエン ...

-まとめ記事
-

© 2023 パチンコ・パチスロ情報島